【京都4R新馬戦】アグネスハビット抜け出しV

[ 2011年11月12日 12:12 ]

 京都4R「メイクデビュー京都」(芝、1200メートル・良)は、ルメール騎手騎乗の2番人気、アグネスハビット(牡2=河内厩舎、父アグネスワールド、母アグネスマジカル)が、直線抜け出してして優勝した。勝ち時計は1分9秒6。

 先行したのは、クレバーリバティー、ツルマルサンチャン、フォレストピアなどだった。1番人気のオメガセニョリーナや、人気上位のアグネスハビットなどは中団の上位で流れに乗った。
 直線に入ると、アグネスが早めに抜け出して先頭に立ち、逃げ込み態勢に入る。そこへ外からサカジロスイセイ、オメガセニョリーナが激しく詰め寄る。しかし差は詰まったものの、ゴール前で差し切れなかった。アグネスハビットが粘り切り1着、2着はサカジロスイセイ、3着はオメガセニョリーナだった。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2011年11月12日のニュース