【天皇賞・秋】池江師「速いペースでこの馬に合うスタミナ勝負になった」

[ 2011年10月30日 17:41 ]

 第144回天皇賞・秋(30日・東京11R2000メートル芝18頭、G1)7番人気の伏兵トーセンジョーダン(ピンナ騎乗)が1分56秒1の日本レコードで優勝し、G1初制覇を果たすとともに、1着賞金1億3200万円を獲得した。

 ▼池江泰寿調教師の話 入着(5着以内)があればいいかなという気持ちだった。状態が良かったこと、速いペースでこの馬に合うスタミナ勝負になったことが、うまくかみ合った結果だと思う。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2011年10月30日のニュース