【ポートアイランドS】ショウリュウムーン 混戦クビ差で制す

[ 2011年10月2日 16:00 ]

 「第23回ポートアイランドステークス」(3歳上オープン、芝1600メートル・曇良)は2日、阪神競馬11Rで行われ、岩田騎手騎乗の2番人気のショウリュウムーン(牝4=栗東・佐々木厩舎、父キングカメハメハ、母ムーンザドリーム)が、ゴール直前で抜け出して優勝した。勝ち時計は1分34秒4。

 スタートからドモナラズがレースを引っ張る展開で、縦に広がりを見せた。馬群はその隊列で3角、4角を回ってから差を縮めて馬群を形成する混戦になったが、ロードバリオスが頭ひとつ抜け出したかと思われたゴール直線で、中央から一気の伸び脚を見せたショウリュウムーンがクビ差でかわして1着でゴールした。

 クビ差で及ばなかったロードバリオスが2着、1馬身遅れてダンスファンタジアが3着に入った。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2011年10月2日のニュース