【中山新馬戦】牝馬コリーヌ鮮やか差し切りV

[ 2011年10月2日 06:00 ]

 1日の中山5R新馬戦(芝1600メートル)は、好位の内で脚をためたコリーヌ(牝=和田道、父スペシャルウィーク)が、直線で逃げ粘る1番人気のコスモグランデールを差し切った。

 吉田豊は「乗りやすいし素直な馬だね。返し馬に乗った時から牝馬特有の切れ味がありそうだったし、その通りの走りを見せてくれた」と笑顔。和田道師は「阪神JFを目指して今後のレースを考えていきたい」と話した。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2011年10月2日のニュース