平地V決めた横山義、今週は“本職”で期待!

[ 2011年9月23日 06:00 ]

 【東西ドキュメント・美浦=22日】18日の中山6R新馬戦をカフェシュプリームで制し、07年3月以来となる平地Vを決めた横山義。鈴木が祝福すると「平地は本当に久しぶり。聞いたら4年半ぶりだってね」と笑顔がはじけた。

 松山康厩舎とのコンビは障害ではおなじみだった。「調教を手伝っているので、それで平地のいい馬に乗せてくれたのだと思う。今回も調教から乗ったよ。いい動きをしていたので手応えは感じていた。勝ち時計も優秀だったから先々も楽しみな馬だよ」と将来性に太鼓判を押した。

 今週は“本職”である障害で期待馬がスタンバイしている。日曜中山4R・サトノバロンだ。「中山の障害未勝利を勝ち上がった馬。新潟での前走は6着に終わったが起伏のある中山の方が合うと思う。巻き返しに期待してよ」。今週も横山義の手綱さばきが楽しみな鈴木だった。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2011年9月23日のニュース