【中山6R新馬戦】大外マクって一飲み ビーンV!

[ 2011年9月11日 13:30 ]

 11日の中山6R「メイクデビュー中山」(ダ1800メートル・良)は、6番人気のブラックビーン(牡2=伊藤伸、父ワイルドラッシュ、母サンドコロネット)が優勝した。勝ち時計は1分59秒5。1/2馬身差の2着にニシノボレロ、そこから1馬身1/2差の3着にマークユアセルフが入線した。

 バラついたスタートとなって、先手争いはボールドドリーム、ハリファックス、ビッグウェーバー、マークユアセルフ、アルファウイング、ニシノボレロといったところが演じて1コーナーへ。

 ハナはボールドドリームが奪い切って、縦長の馬群を従えて向う正面を流れていった。

 3、4コーナー中間で、後方馬群にいたブラックビーンが大外を捲って一気に先団へ。4コーナー出口では、内のハリファックス、ユアセルフ、ボレロらを並ぶ間もなく完全に飲み込み、早くも1馬身のリードを築くと、そのまま押し切る勢い。抜かれてからもボレロが内で食い下がるものの及ばず。後方からの追走となり、3、4コーナーから脚を使う展開でも先頭に立ってからは最後まで抜かせず、ビーンが離れ業Vを飾った。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2011年9月11日のニュース