【セントウルS】傾向と対策

[ 2011年9月11日 06:00 ]

 過去10年の連対馬20頭から傾向を探る(06年は中京開催)。

 ☆人気重視 1、2番人気はそれぞれ3勝2着2回、1勝2着4回で計10連対。6番人気以下は5連対で人気馬が中心。

 ☆牝馬強い 牝馬が7勝2着4回で連対率22・4%は牡馬(9・8%)の倍以上。牝馬ワンツーも4回ある。

 ☆前走 勝ち馬は全て7~8月の夏場に出走。休み明けの実績馬は2着が最高。

 結論 ◎エーシンヴァーゴウ ○エーシンリジル ▲ダッシャーゴーゴー

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2011年9月11日のニュース