【阪神新馬戦】タガノミュルザンヌ末脚切れた

[ 2011年9月11日 06:00 ]

<阪神5R新馬戦>1番人気のアンチュラス(左から2頭目)を退け1着となったタガノミュルザンヌ(手前)

 阪神5R新馬戦(芝1400メートル)は、後方から追走したタガノミュルザンヌ(牝=松田博、父アグネスタキオン)が切れのある末脚を披露。逃げ粘るヨドノグレイスを捉えた。

 岩田は「レースセンスのある馬。追ってからいい脚を使ってくれた。距離は延びても大丈夫だと思う。このまま順調にいってほしい」と評価。厩舎で様子を見てから放牧に出される予定。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2011年9月11日のニュース