【新潟2歳S】ミスターX エリア上積み十分

[ 2011年9月4日 06:00 ]

 新潟メーン11R・新潟2歳S(G3)は牝馬のクリッピングエリアを狙う。デビュー戦の馬体重は512キロと、牝馬では相当な大型馬。それだけに使った上積みも十分に見込める。デビュー前に宗像師は「まだピリッとしない」と語っていたように、明らかに余裕残しの馬体だった。それがレースでは中団から力強く伸びて先頭に立つと、最後も迫る牡馬を首差しのいでV。先々まで楽しめそうな勝ちっぷりだった。使われて中間の動きも一変。素軽さが出てきた。姉ウイングレット、エオリアンハープはオープンクラスでも活躍。血統的なバックボーンからも期待がかかる。

 馬単(17)から(1)(5)(6)(10)(11)

 小倉メーン11R・小倉2歳S(G3)はアイラブリリに◎。新馬戦は3着に敗れたが、前走の未勝利で5馬身差の圧勝。学習能力が高く、使われてさらに上昇ムード。時計もまだまだ詰められそうだ。

 馬単(7)から(2)(5)(10)(11)

 札幌メーン11R・札幌日経オープンはメインストリームで勝負。前走は直線手前での不利が響いたが、最後は強烈な末脚で追い込んで4着。スムーズなら巻き返せる。

 馬単(3)から(6)(9)(12)(13)

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2011年9月4日のニュース