【札幌7R】厩舎コメント

[ 2011年9月4日 06:00 ]

 ▼タフネスデジタル(福永助手)中団より前で運び辛抱する競馬だったが距離は持った。状態は上向いており展開が向けば。

 ▼プリティペガサス(松原助手)現状ではしまいを生かす競馬が合っている。出来はいいし展開が向けば前進は可能。

 ▼ヤマニンビサージュ(中村師)距離不足だと思った交流戦が好内容で、前走も最後はいい脚だった。

 ▼ヤマニンミミック(佐藤助手)クラス2戦目でリズム良く走り、流れに乗れていたことは収穫。限定戦ならチャンスも。

 ▼プントバンコ(福島助手)前走は栗東からの直前輸送の影響があったのかも。滞在効果十分の今回はもっと動ける。

 ▼クレーンズラヴァー(小淵調教厩務員)体つきが良く、状態はアップ。札幌は勝ったコースだし当日の落ち着きさえあれば。

 ▼ゴールドマッシモ(宗方助手)降級戦だし能力的には上位だと思うが、久々になるし、まずはきっかけをつかみたいね。

 ▼ミラクルフラッグ(岩戸師)最後まで諦めずに頑張っていた前走は収穫。連闘だけど、叩いた上積みも見込めるからね。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2011年9月4日のニュース