【古馬次走】ナリタクリスタルは天皇賞・秋が大目標

[ 2011年8月31日 06:00 ]

 新潟記念を制したナリタクリスタル(牡5=木原)は天皇賞・秋(10月30日、東京)が大目標。その前に一戦挟む予定。2着サンライズベガ(牡7=音無)は福島記念(11月20日、新潟)。9着トウショウウェイヴ(牡6=大久保洋)はアイルランドT(10月15日、東京)。

 安田記念8着シルポート(牡6=西園)は毎日王冠(10月9日、東京)。

 阿蘇Sを制したフサイチセブン(牡5=松田国)はシリウスS(10月1日、阪神)。

 帝王賞3着バーディバーディ(牡4=池江)はエルムS(9月19日、札幌)。

 プロキオンS2着ダノンカモン(牡5=池江)はエニフS(9月19日、阪神)。

 札幌記念7着マイネルスターリー(牡6=加用)はアルゼンチン共和国杯(11月6日、東京)。

 キーンランドC14着アンシェルブルー(牝4=田中清)はオパールS(10月8日、京都)。

 朱鷺S2着メイビリーヴ(牝6=松山康)は京成杯AH(9月11日、中山)に登録。3着トゥニーポート(牝4=加用)は府中牝馬S(10月16日、東京)。

 宝塚記念13着トゥザグローリー(牡4=池江)は「ちょっと遅れている。天皇賞・秋に直行の可能性もある」と池江師。同15着フォゲッタブル(牡5=池江)は京都大賞典(10月9日)へ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2011年8月31日のニュース