98年天皇賞・秋制覇 オフサイドトラップ死す

[ 2011年8月31日 06:00 ]

 98年天皇賞・秋を制したオフサイドトラップ(牡20)が29日午後4時54分、腸障害のため、けい養先の北海道・新冠の明和牧場で死んだ。28日に腹痛を発症、一時は落ち着いたものの容態が急変した。

 03年の種牡馬引退後、日高ケンタッキーファームでけい養されていたが、08年の同ファーム閉園に伴い明和牧場が引き取り主の依頼でけい養していた。浅川明彦場長(51)は「周囲から“やんちゃだぞ”と聞いていたが、ウチに来てからは穏やかに余生を過ごしていた。人気のある馬で見学に来るファンも多かった」と話した。なお、お別れ会のようなものは予定されていない。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2011年8月31日のニュース