【函館スプリントS】パドトロワ悪天なら一発も

[ 2011年7月1日 06:00 ]

<函館スプリントS>函館Wコースで追い切るパドトロワ

 【東西ドキュメント・函館=30日】パドトロワ(函館SS)は、栗東から函館への輸送で熱発。浜田は小天狗(騎手や助手の控室)の屋上で動きを注視した。Wコースでの最終調整は、追い切りというよりは、速めのキャンターに近いものだった。騎乗した安藤勝を直撃すると「前走(オーストラリアT1着)が絶好調だったからね。比べてしまうと、そこまでは…」。完調手前であることを認めた上で「歩様が硬かったんだけど、1週ごとによくなっている。持ち直してはきている」

 前走後はCBC賞を予定していたが、稽古の動きに納得がいかなかった安藤勝の助言で回避した。今回は出走にGOサイン。「函館の力のいる馬場は合うと思うんだ」。取材を終えると同時に大粒の雨が叩きつけてきた。週末も雨予報。不良馬場の前走が鮮烈な勝ち方だっただけに「持ち直していれば」怖い存在だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2011年7月1日のニュース