【オークス】7番人気エリンコートが樫の女王!

[ 2011年5月22日 16:20 ]

第72回オークスを制したエリンコート。手前は3着のホエールキャプチャ

 第72回オークス=優駿牝馬=(東京11R 2400メートル芝18頭、G1)が22日に行われ、7番人気のエリンコート(後藤浩輝騎乗)が2分25秒7で勝ち、G1初勝利を挙げるとともに1着賞金9700万円を獲得した。後藤騎手はクラシック初勝利、笹田和秀調教師は中央G1初制覇。

 雨が降る中、ピュアブリーゼがややスローペースで逃げた。最後の直線に入って中団を追走したエリンコートは力強く抜け出して快勝。首差の2着にピュアブリーゼが残り、3着には追い込んだホエールキャプチャが入った。1番人気のマルセリーナは4着だった。

 ◇エリンコート 3歳牝馬、父デュランダル、母エリンバード。北海道千歳市の社台ファーム生産、馬主は吉田照哉氏。戦績は9戦4勝、重賞初勝利。獲得賞金は1億6468万2千円。

 ▼後藤浩輝騎手の話 うれしいです。急に天候が変わり、最後の直線でスタンドのライトに驚いて他馬とちょっと接触したので、内側を真っすぐ走るようにした。最後まで余力があった。もう感無量です。

 ▼笹田和秀調教師の話 ゴール前は思わず声が出ました。パドックでは雨を嫌がるそぶりをしていたので心配しましたが、勝ててほっとしました。一戦ごとにどんどん強くなってくれた。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2011年5月22日のニュース