【NHKマイルC】ウィリアムズ騎手「むち1発入れただけでぐいっと」

[ 2011年5月8日 17:33 ]

 第16回NHKマイルカップ(8日・東京11R1600メートル芝18頭、G1)は、1番人気のグランプリボス(ウィリアムズ騎乗)が1分32秒2で勝ち、1着賞金9200万円を獲得した。昨年の朝日杯フューチュリティステークス以来となるG12勝目。ウィリアムズ騎手、矢作芳人調教師ともにこのレース初制覇となった。

 ▼ウィリアムズ騎手の話 調教に2度乗っていたし、レースのDVDを見て自分なりに研究したので、自信を持って臨んだ。直線はむちを1発入れただけで反応し、ぐいっと伸びてくれた。

 ▼矢作芳人調教師の話 負けてはいけない馬を2度負けさせてしまったし、プレッシャーはあった。正直、状態は下がっていたと思うが、よく耐えてくれ、強い競馬をしてくれた。あらためて、馬に感謝しかない。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2011年5月8日のニュース