【天皇賞・春】トゥザグローリーが2・9倍

[ 2011年4月30日 18:06 ]

 第143回天皇賞・春(5月1日・京都11R3200メートル芝18頭、G1)前日発売のオッズ(午後5時30分現在)が30日発表され、単勝は重賞2連勝中のトゥザグローリーが2・9倍で1番人気となった。ローズキングダムが5・0倍、エイシンフラッシュが7・4倍、ペルーサが8・4倍で続いている。

 枠連は(2)―(5)が5・6倍、馬連は(4)―(9)が6・4倍、馬単は(9)―(4)が12・5倍、3連複は(4)―(6)―(9)が11・9倍、3連単は(9)―(4)―(6)が43・0倍で人気を集めている。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2011年4月30日のニュース