レーヴディソールが骨折 全治6カ月以上

[ 2011年3月30日 16:06 ]

5日のチューリップ賞で圧巻の走りを見せたレーヴディソール

 JRAは30日、3歳牝馬3冠レース第1戦の桜花賞(4月10日・阪神、G1)で最有力候補に挙げられていたレーヴディソール(牝3歳、栗東・松田博厩舎所属)が、右トウ骨遠位端骨折で半年以上休養する見込みと発表した。同日の調教後に骨折が判明した。

 レーヴディソールは昨年の最優秀2歳牝馬。5日行われた桜花賞トライアルのチューリップ賞(G3)でデビュー4連勝を果たした。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2011年3月30日のニュース