【フェブラリーS】シルクメビウス末脚勝負に徹する

[ 2011年2月19日 06:00 ]

ハイペースを味方に一気の差し切りを狙いたいシルクメビウス

 悲願のG1に手が届くか。シルクメビウスは3歳時に古馬に挑んだJCダートで2着。勝ったエスポワールシチーには離されたが強豪相手に鋭い決め手が光った。G1制覇は時間の問題にも思われたが、追い込み一手の脚質もあって常に善戦止まり。昨秋はJBCクラシック4着、JCダート、東京大賞典は5着に終わっている。

 「前走はJCダートでびっしり仕上げた影響があったかな。今は(いい頃の)掛かるような面が出てきている」と領家師。以前はCWコース主体だったが、この中間からは坂路調教を取り入れた。「放牧先でも坂路で調整をしていたから、その流れで。何か目先を変えようと思ったんだけど走りに集中できている」と明かす。ならば、自慢の末脚に陰りはないはず。坂路の前々日調整でも、適度に気合の乗った走りで1F18秒ペースで1本。外の8枠15番になったが「東京のマイルはゲートを出てから真っすぐだし、どこでも良かったよ」と師は気にしていない。あとは展開。前がやり合えば必ず出番はある。「人気馬に先行馬が多いからね」と話すようにハイペースを味方に一気の差し切りだ。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2011年2月19日のニュース