【新潟新馬戦】「メジロ」の快速お嬢カトリーヌ

[ 2009年7月24日 06:00 ]

 新潟では土曜5Rの牝馬限定戦でデビューするメジロカトリーヌが注目株。父メジロライアン、母メジロダーリングというメジロ牧場の純正血統。母は01年に函館SS→アイビスSDと重賞を連勝し、G1・スプリンターズSでもトロットスターの首差2着に入った快速馬だ。母も管理した大久保洋師は「お母さんほどの活躍を求めるのは、まだ早い」としながらも「牝馬にしてはカイバをよく食べてくれるので、調教はしやすい。父がライアンだけにスプリント一辺倒という感じでもない。1400メートルくらいから始めるのが、ちょうどいい感じ」と話す。

 22日の追い切りでは、坂路で併走馬を5馬身後方から追走し、ラスト1F11秒7の切れ味で併入と、動きもひと追いごとに良化。「調整は思うようにできたので期待している」と師。母が鮮烈な印象を残した夏の新潟で初陣を飾る。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2009年7月24日のニュース