武ミカヅチ芝で一刀両断!!/東京新聞杯

[ 2009年1月28日 06:00 ]

<東京新聞杯>武豊とのコンビで2勝目奪取に期待がかるタケミカヅチ

 開幕週の東京は土日重賞の豪華版。土曜メーン「第59回東京新聞杯」(31日)は、タケミカヅチの巻き返しを期待。昨秋はダート路線を歩んだが、今年は芝マイル路線で本来の切れ味を生かす。皐月賞2着をはじめ、重賞で3回2着があるものの、勝ち星はデビュー戦の1勝のみ。武豊を鞍上に迎えて2勝目を目指す。

 昨年の皐月賞2着という輝かしい実績こそあるものの、勝ち星は新馬戦の1つだけ。“最強の1勝馬”という、決してありがたくない称号を得つつあるタケミカヅチにとって今、最も必要なのは勝利という確かな結果だろう。
 昨秋は新味を求めてダートに挑戦。武蔵野S6着、師走S3着とまずまずの適性は示したものの、善戦止まりだった。今年は「やっぱり芝の方が切れるかもしれない」(大江原師)と再び芝戦線に戻ってきた。
 主戦・柴田善が休養中で空席となっていた鞍上は武豊に決定。このレースを過去5年で2勝している最高のパートナーを得た。「たまたま空いていたからだけど、良かったね。どんな競馬になるか楽しみだよ」と師も名手の手綱さばきに大きな期待を寄せている。
 ダービー11着、セントライト記念9着と芝2000メートル以上の距離では大敗しているが、芝2000メートル以下で掲示板(5着以内)を外したのは2戦目の新潟2歳S(6着)だけ。唯一の勝ち鞍を挙げ、デイリー杯2歳S2着もあるマイル戦は間違いなく合っており、東京コースも共同通信杯2着という良績がある。東京新聞杯は新たなスタートを切るには絶好の舞台設定だ。
 「ローカルの競馬場なら1800~2000メートルでもいいと思うが、今年は“本場”のマイル路線を進みたいからね。別にローカルが嫌とは思っていないけど(笑い)」と大江原師。本場とは、東京や京都などマイルのG1が行われる競馬場のこと。華やかな表舞台を堂々と歩んでいくためには、G3のここで足踏みをしてはいられない。(鳥谷越 明)

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2009年1月28日のニュース