明日海りお(上)憧れの地で心を込めて…トップ5年目の“初体験”

[ 2018年12月1日 12:21 ]

初コンサート「Delight Holiday」(~12・9舞浜アンフィシアター)

憧れの地でコンサートを行う明日海りお
Photo By スポニチ

 花組トップスター明日海りおの初コンサート「Delight Holiday」が11月30日、千葉・舞浜アンフィシアターで開幕した(12月9日まで)。

 宝塚歌劇団が同劇場で公演するのは今回が初めて。小さいころから大のディズニー好きだったという明日海は、クリスマスシーズンを憧れの地で過ごすとあって「こんなワクワクする場所で、しかもコンサート。初めてのことも多くて二重にも三重にもうれしい」と声を弾ませた。

 曲構成もバラエティー豊かだ。明日海が男役ホープ時代だったバウ主演作の楽曲やクリスマスソングはもちろん、平成最後の年末とあって平成元年から30年のヒット曲を1年1曲ずつメドレーでつづるコーナーも。

 「プリンセスプリンセスから今話題の『U.S.A.』(DA PUMP)まで(笑い)。小さいころ、母が聴いていた曲や、本名の自分から芸名の自分に生まれ変わった時の曲…。人生の中で大きな変化があって、どれも思い入れがあります。お稽古場もノリノリでした」と明かす。

 コンサートへの思い入れも特別だ。中学時代、東京まで行った浜崎あゆみのライブが頭をよぎる。「(地元の)静岡から東京に行くこと自体、凄い騒ぎで。ステージまでは物凄く遠かったけれど、生で声を聴ける、同じ空間にいられることが凄くうれしかった。今回も1度しかご覧にならないお客さまがほとんどでしょうから、こちらは一回一回を大事にお届けしたい」。トップ5年目の“初体験”。明日海がまた新たな魅力を開花させる。(土谷 美樹)

 ◆明日海 りお(あすみ・りお)6月26日生まれ、静岡市出身。静岡雙葉中を経て03年初舞台。月組配属。08年「ホフマン物語」でバウホール初主演。同年「ME AND MY GIRL」で新人公演初主演。13年3月、花組に組替え。14年5月、トップスター就任。身長1メートル69。愛称「みりお」。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る