×

365日 あの頃ヒット曲ランキング 2月

【1991年2月】ラブ・ストーリーは突然に/小田和正 主題歌=ミリオンの図式を作った

[ 2012年2月18日 06:00 ]

★91年2月ランキング★
1 ラブ・ストーリーは突然に、Oh!Yeah!/小田和正
2 愛は勝つ/KAN
3 サイレント・イヴ/辛島美登里
4 勉強の歌/森高千里
5 ぼやぼやできない/工藤静香
6 翼をください/川村かおり
7 Shake Hip!/米米CLUB
8 太陽と埃の中で/CHAGE&ASKA
9 風の中の少年/光GENJI
10 これからのI Love You/中山美穂
注目赤い花束/中島美智代
※ランキングは当時のレコード売り上げ、有線放送、ラジオ、テレビのベストテン番組などの順位を参考に、話題性を加味してスポニチアネックスが独自に決定。

【ラブ・ストーリーは突然に/小田和正】

 2月18日付のオリコンランキングを目にした関係者は、喜びと同時にこれは大変なことになったと一様に感じた。

 2月6日リリースの小田和正のシングル「ラブ・ストーリーは突然に」(カップリングはOh!Yeah!)がオリコンランキングで初登場1位を獲得。1週間の売り上げ枚数はなんと74万枚超。76年、あの国民的大ヒット曲「およげ!たいやきくん」の72万枚を15年ぶりに更新するセールスを記録した。

 人気漫画家、柴門ふみ原作のフジテレビ系連続ドラマ「東京ラブストーリー」が回を追うごとに視聴率を上げ、その主題歌も話題を呼んでいることは、日に日にものすごいペースで届くCDシングルの注文枚数で感じていたが、まさかあの「たいやきくん」を抜くとは…。年明けの時点では考えられないことだった。

 当初、全国レコード店からのオーダーは全部合わせても15万枚だった。それが1月7日にドラマが始まると、注文が殺到。発売日前日には予定していた数のほぼ4倍にあたる59万枚に。即日完売が予想され中で、発売当日にさらに注文が21万枚届き、翌日も20万枚ととどまることを知らず、出荷ベースでわずか発売2日で100万枚を突破した。

 最終的な売り上げ枚数は260万枚。ドラマが終わっても1位をキープ。91年最多のセールスを記録した。この年はCHAGE&ASKAの「SAY YES」も250万枚を超える大ヒット。ドラマ「101回目のプロポーズ」のテーマ曲だったが、「ラブ・ストーリーは…」がドラマ主題歌=ミリオンヒットという90年代の流れの口火を切った形となった。

 第一生命のCMに決まっていた「Oh!Yeah!」のカップリングは別の曲に決まっており、これを主題歌にとスタッフは考えていた。ところが小田は「リズム感がありながら、ちょっぴり切ないマイナー調の曲」という番組側のリクエストに「応えていない」と、新たに書き下ろすことを決めた。

 初めてドラマ主題歌を書くことに戸惑いもあったのか、1度フジ側に出した曲は受け入れられず、書き直すことになった。そこでプロとしての火がついた。2度目は完璧。文句の付けようのない「ラブ・ストーリーは突然に」となった。

 主演の鈴木保奈美はロケバスの中でこの曲を聴きながら、役づくりの参考にしたというが、小田はその鈴木との対談(ザ・テレビジョン91年2月1日号)の中でこんなことを言っている。

 「期待に応えるための仕事ってのは大変(略)。期待どおりぐらいだとたいしたことなくて、期待をある程度上回っていかないと頼んだかいがないみたいに思われるようなことがあるからさ」。期待以上の作品は、発表から20年以上が過ぎてもまったく色あせない。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る