元MBSアナウンサー 前田阿希子のドバイいこ!

日本のお正月はやっぱり日本酒!熱燗もいいけどぬる燗で乾杯も乙

[ 2019年1月9日 13:10 ]

「ぬる燗佐藤」金子陽樹さんと。大阪もグランフロントにありますよ
Photo By スポニチ

 皆さま、“酔い”お正月を過ごされましたか?

 私は年末年始にお休みを頂けたので日本で過ごすことができました!

 帰国したらまず日本酒で乾杯しなきゃ!ということでお邪魔したのは東京「ぬる燗佐藤」。

 日本酒の魅力が一番わかるのはぬる燗(かん)!と語る金子陽樹さんが説明してくれます。

 お店に入ると壁一面に全国47都道府県からのお酒が!常時100〜120種類ものラインアップがそろい、11種類もの温度帯からそのお酒が一番おいしく感じられる温度にして提供してくれます。ただ金子さんのおススメはやっぱりぬる燗!

 いつもは50度ちょっとのお燗でいただくお酒もじんわり温かい40度くらいのぬる燗にすればわからなかった細かな味わいが広がるようです。

 まずは福井の「福千歳」を。

 冷やでは線の細いかんきつ系。白身のお造りと合いましたが、ぬる燗にすればかんきつ香を残しつつ厚みが加わりジューシーに!ポテサラと合わせたらマヨ感に負けない力強さ、かんきつの爽やかさでいくらでも食べられちゃう!

 お次は大阪「秋鹿」の純吟。本来なら野趣あふれる秋鹿ですが、純吟には繊細さも。ほんのり温めたぬる燗はのどぐろの塩焼きと最高のペアリングでした。

 寒波到来の日本では、熱燗をキュ!もいいけれどじんわりぬくもるぬる燗も乙なもんですな。

 ◇ぬる燗佐藤 東京都港区六本木7の17の12 六本木ビジネスアパートメンツ1F。(電)03(3405)4050。営業日 月〜土曜、祝前日の日曜午後5時〜同11時半。

 ◆前田 阿希子(まえだ・あきこ) 三重県出身。立命大卒。2006年、毎日放送(大阪)に入社してテレビやラジオで幅広く活躍後、17年9月末で退社。同10月、アラブ首長国連邦にあるドバイの日本食レストランに勤務する、酒ソムリエの男性と結婚。個人HPができました。akikomaeda.netで検索してください。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る