カンニング竹山「干されても何もない」“アッコにおまかせ”での都知事選の発言めぐり“デマ”完全否定

[ 2024年7月1日 12:06 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(53)が1日、文化放送「くにまる食堂」(月~金曜前11・00)に月曜パートナーとして出演。テレビ番組内での都知事選に関する発言をめぐる“デマ”を否定した。

 放送内で都知事選が話題になると、竹山は「誤解が生じてる。インターネットのものすごくダメなところ。もしかしたら、利用しようとしてる人もいるのかもしれないから、やめていただきたい」と自身にまつわる“デマ”に言及した。

 竹山は6月23日に出演したTBS「アッコにおまかせ!」での都知事選に関する自身の発言で、SNSを中心にネット上で話題になっていることを明かした。

 放送前から「はじめから“バランス取ります”って僕は言ってたんです。スタッフともちゃんと話し合って」と公平性が保てるようにしたいと事前にきちんとスタッフと打ち合わせ済みだったとし「根本的に言うと、皆、都知事選とか都政のことそんなに知らないんです。知らないのは僕、当たり前と思うんです。興味ない。その通りだと思うんです。僕はちょっと興味があったから自分で調べたりしただけで、皆知らないから、一方方向に意見が行ったんです」と放送中に意見が偏ったと振り返った。

 そこで、竹山は「これは選挙始まってるし、まずい」と思い「いや、それ違いますよ。こんな意見もあって、これもあるんですよ」と生放送中に別の意見も提案した。

 すると、ネット上で「一方を応援してる人たちからだと思いますけど“竹山よくやった”」などと反響を呼んだとし「これで竹山が干されなければいい」みたいな風潮になっていると明かした。

 さらに、6月30日放送の「アッコにおまかせ」に出演しなかったことから「竹山が干された」説がより一層、加熱したといい「そら、出ないですよ。元々僕、月1だから。出られた時は月1。出れない時は2カ月に1回。そもそも僕、準レギュラーだから、そもそも今週出ない」と干されたわけでなく、そもそも出演予定ではなかったと説明した。

 それでも前日の放送に竹山がいないことから「やっぱり竹山、干された。出てないじゃないか」とネット上で騒ぎになっているそうで「いやいや、ネットの情報に騙されちゃダメ。干されるも何も俺、レギュラーじゃねえし、仕事もしてるし」ときっぱり。

 さらに、6月23日の生放送後に「プロデューサーと“大丈夫だよね?”“全然大丈夫です”ってなってるし」ときちんと、プロデューサーとも問題がなかったと確認済みとした。

 また、「アッコさんが悪いわけでもない」と司会の和田アキ子にも責任はないとし「プライベートだけど、アッコさんとうちの嫁が今度、旅行行くんです。その仕切りも今週、“面倒くせーな”って思いながら、めちゃくちゃやってる。“アッコさんこれでいい?”ってやってる。干されても何もない」とプライベートで竹山の妻と和田が旅行に行くことから、連絡係を自身が務めるほどで、和田に「干された」ということもないときっぱり否定した。

 竹山は「一部のネットメディアやSNSで“竹山、干された。日本のテレビ、何考えてるんだ”ってなってますけど、そんなことないですから。誤解のないように言わないと。元々、毎週出てない」と“干された”という“デマ”を完全否定した。

 その上で「そういうのがウソのまま広がっちゃうから。皆さん自分で気を付けて。選挙は自分自身がどう思うか。偉そうに言って申し訳ないけど、自分自身がどう思うかの1票ですから」とデマなどに惑わされず、自身の考えをしっかり持って投票に行って欲しいと呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年7月1日のニュース