イ・ヒムン率いる10人編成の“ネオ民謡バンド”OBSGが来日!初の日本公演が9月に決定

[ 2024年6月25日 17:30 ]

イ・ヒムン is Back! 韓国を代表する民謡歌手でありながら、伝統の枠にとらわれず常に多様なジャンルの音楽をとりいれてきたイ・ヒムン。そのスタイルで多くのアーティストとのコラボレーションをし、ジャンルを超えた音楽を奏で続け“国楽界の異端児”との異名を持つ。2023年6月にフリー・セッション・バンド「CADEJO(カデホ)」と共に行った東京公演では、パワフルなステージで多くの観客から絶賛を浴び、強く印象を残した。

再び公演が期待される中、ヒムンの新たなプロジェクト「OBSG(オバンシングァ)」の来日公演が決定! 先日行われたドイツ、フランス公演や、今秋には韓国で大規模なツアーを控えている「OBSG」の貴重なジャパン・ツアーとなる。

「OBSG」は、フジロックへの出演経験もあるルーツ・レゲエ・バンド「NST & The Soul Sauce(ノ・ソンテク&ザ・ソウル・ソース)」の中心人物であるベーシスト、ノ・ソンテクによるバンド「Heosongsewol(ホソンセウォル)」と、二人組の歌い手「NomNom(ノムノム)」によって結成された、総勢10名で繰り広げられるスペシャル・バンド。

伝統的な民謡を土台に、レゲエ、ディスコ、ファンク、ロック、ブルースなどをシームレスに融合した、サイケデリックな“ネオ民謡”の世界を生み出している。2023年にリリースした最新アルバム『SPANGLE』のタイトルが意味する<キラキラと輝くセクシーなスパンコールのようなもの>というコンセプトと同様に、フロアをダンス・ホールへと変貌させる、圧巻のパフォーマンスをお見逃しなく!

ジャパン・ツアーは、9月13日(金)~15日(日)に愛知・豊田で開催される「橋の下世界音楽祭 -SOUL BEAT ASIA 2024-」と、9月17日(火)に東京・渋谷WWWで単独公演が行われる。また、東京公演はこの日だけのスペシャルな演出が計画されているので続報をお楽しみに。

公演の詳細やチケット情報などは「OBSG Japan Tour 2024 特設サイト」にてチェックを。

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース