Stray Kids リノ&ヒョンジン&フィリックス、ニューアルバム「ATE」コンセプトフォトとビジュアルフィルムを公開

[ 2024年6月25日 13:00 ]

写真=JYPエンターテインメント
Stray Kidsが、ニューアルバム「ATE」の個別予告コンテンツを公開し、カムバックの雰囲気を盛り上げている。

Stray Kidsは7月19日午後1時、ニューアルバム「ATE」とタイトル曲「Chk Chk Boom」を発売する。

これに先立ち、JYPエンターテインメントは6月24日午後、公式SNSチャンネルにリノ、ヒョンジン、フィリックスの個人予告イメージと映像を公開し、強烈なビジュアルを披露した。

毎回カムバックするたびにユニークなコンセプトを披露し、“コンセプトマッチプ(美味しいお店)”として定評のあるStray Kidsは、ニューアルバムの個別予告イメージでもその真価を発揮した。

映像の中で、リノは降り注ぐ日差しを浴びながら、深く考え込んでいるような姿で目を引き、ヒョンジンは憂愁に包まれた眼差しで絵筆を持ち、自由奔放なポーズを取って芸術的な雰囲気を見せた。街を闊歩するフィリックスは、カリスマ性溢れる表情でワイルドな演技を披露し、視線を集めた。3人のメンバーは、個人カットでもはっきりとした個性で表現力をアピールし、STAY(Stray Kidsのファン)の心を鷲掴みにした。

2024年、Stray Kidsの初のカムバック作「ATE」は、タイトル曲「Chk Chk Boom」をはじめ、「MOUNTAINS」「JJAM」「I Like It」「Runners」「また夜」「Stray Kids」「Chk Chk Boom(Festival Ver.)」まで全8曲が収録される。トラックリストのイメージを通じて、チョコレート、キャンディー、箱など様々な物で各トラックを描写しており、Stray Kidsが今回の新曲を通じて伝える音楽の味に好奇心がくすぐられる。

Stray Kidsは、自分たちが手掛けた音楽で有意義な成長を遂げ、“グローバルトップアーティスト”としての存在感を見せつけている。2022年3月の「ODDINARY」を皮切りに、「MAXIDENT」「★★★★★(5-STAR)」「樂-STAR」まで、アメリカ・ビルボードメインチャート「ビルボード200」で4連続1位を達成。K-POP第4世代ボーイズグループとして初めて「樂-STAR」のタイトル曲「樂(LALALALA)」でビルボード「HOT100」90位にランクインしたことに続き、5月10日に発売したデジタルシングル「Lose My Breath(Feat. Charlie Puth)」で同チャート通算2度目のランクインを記録した。

素晴らしいパフォーマンス、華やかなビジュアル、エネルギーあふれるサウンドで五感を満足させ、実力派グループとして挙げられているStray Kidsは、7月12日(以下、現地時間)にイタリア・ミラノの「I-Days」、14日にイギリス・ロンドンの「British Summer Time Hyde Park」、8月2日にアメリカ・シカゴの「Lollapalooza Chicago」の3つの大型音楽フェスティバルにヘッドライナーとして出演する。

Stray Kidsは7月19日午後1時(米国東部時間基準0時)に新しいミニアルバム「ATE」とタイトル曲「Chk Chk Boom」を発売する。





「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース