“MCモンが設立”ONE HUNDRED、所属アーティストへの誹謗中傷に警告「善処や合意はない」

[ 2024年6月25日 13:00 ]

写真=ONE HUNDRED
歌手MCモンの所属事務所であるONE HUNDREDが、レーベル所属アーティストの保護に出た。

本日(25日)、ONE HUNDREDは公式コメントを通じて「最近、インターネット上の各掲示板で、当社レーベルの所属アーティストたちに対する虚偽事実、デマの流布など、陰湿な攻撃により、アーティストたちのイメージ及び名誉、人格を深刻に毀損する行為が続いていることを確認した」と明らかにした。

続けて「当社は、このような行為に対する徹底したモニタリングを通じて深刻性を認知し、問題視された証拠資料をもとに、法的に強力に対応する計画だ」とし「特に、各レーベルの所属アーティストに対する陰湿な投稿の最初の作成者はもちろん、組織的な流布者に対しても全ての法的措置を講じ、この過程でいかなる善処や合意はないことをお知らせする」と強調した。

また「当社はアーティストたちを保護するために、最善を尽くす」と付け加えた。

ONE HUNDREDは、MCモンとP Arcグループのチャ・ガウォン会長が共同投資で設立した企業で、Big Planet MadeエンターテインメントとINB100の親企業だ。Big Planet Madeエンターテインメントには、歌手のイ・ムジン、VIVIZ、BE'O、Wanna One出身のハ・ソンウン、レン(NU'EST)、ホ・ガク、SHINeeのテミン、タレントのイ・スグン、歌手兼俳優のイ・スンギらが所属しており、EXOのベクヒョン、シウミン、チェンはINB100と契約を締結した。

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース