野村義男 近藤真彦との絆を語る「付き合い方も変わらない」

[ 2024年6月21日 19:06 ]

野村義男と生島ヒロシ
Photo By 提供写真

 ギタリストの野村義男(59)が21日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・00)にゲスト出演した。

 野村はTBS「3年B組金八先生」に田原俊彦(63)や近藤真彦(59)とともに出演。「たのきんトリオ」としてブレークした。元々バンド活動に興味があったことから、1983年にメンバーを集めてThe Good―Byeを結成し、同年の日本レコード大賞では「きまぐれONE WAY BOY」で最優秀新人賞も獲得している。

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ(73)から「今年は随分、ライブがあるみたいだね」と問われると、野村は「10年間、自分の名前でライブやってないんですよ。だから、10年ぶりの“そろソロライブ”やります!」と答えた。

 そのライブは10月20日に東京・六本木のEX THEATERで開催。生島から「マッチも来たりするんですかね?」と聞かれ、「一応スケジュールを聞いたんです。そうしたら車関係のレースで忙しいかもと言っていたので多分、来ないです」と答えた。さらに「お互い、還暦近くになってどういう話をするんですか?」と尋ねられると、「昔と変わらないです。付き合い方も変わらないし。1年とか2年とか話さない時も急に電話がかかって来て、昨日まで会ってたみたいな感じでした」と近藤との特別な関係を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月21日のニュース