森永卓郎氏 拮抗状態が続く体調 地下鉄の階段での困り事は「みんな端っこ歩きたがるんですよ」

[ 2024年6月18日 14:42 ]

経済アナリストの森永卓郎氏
Photo By スポニチ

 経済アナリスト・森永卓郎氏(66)が18日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(月~木曜前8・00)に生出演。自身の近況を明かした。

 森永氏は昨年12月に「膵臓(すいぞう)がん」のステージ4と診断を受け、その後詳細な検査で「原発不明がん」とされた。現在は治療を続けながら同番組へ出演しているという。

 パーソナリティーを務める垣花正アナウンサーから「体調はどうですか?」と尋ねられた森永氏は「体調はね、がんの方は普通です。昨日もクリニックに行って血液検査の結果見てきたんですが、がんマーカーも上がってないし、免疫量も横ばいって感じで拮抗状態は続いているんですけども」と自身の近況を明かした。

 続けて「ただ最近食べられる量が、かみさんの3分の1くらいしかないので、体力が落ちてきてすぐ疲れちゃうっていうのと、歩くのがめちゃくちゃ遅いんですよ。80代90代の高齢者と同じくらいのスピードで歩いています」とした上で、「東京の地下鉄で階段上っているとね、私、転倒禁止なので手すりのある一番隅っこを歩かないといけないんですけど、みんな端っこを歩きたがるんですよ。普通の若い人たちも。人の後ろに来て“なんだこいつ遅いじゃん”みたいな。あのね、元気な人は真ん中を歩けって。そのために杖もついているしヘルプマークなので」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月18日のニュース