元「爆風スランプ」江川ほーじん 事故から5年半 体力低下否めず「それでも、生きてくれています」

[ 2024年6月16日 20:50 ]

江川ほーじんX(@EgawaHojin)から

 人気ロックバンド「爆風スランプ」の元メンバーで、2018年12月上旬に交通事故に遭って以降、療養している江川ほーじん(63)の公式サイトが16日、1年ぶりに更新され、体力の低下は否めないものの「それでも、生きてくれています」と近況が明かされた。

 公式サイトが更新されるのは、「体調はおかげさまで落ち着いております。ただ意思疎通が困難な状況は残念ながら変わらず、身体を動かすこともままなりません。懸命に生きる本人の力と、画期的な新しい治療の確立を信じこれからも看病を続けてまいります」などと記された2023年6月15日以来1年ぶり。今回は2024年6月15日の日付ながら16日に更新された。

 2020年1月に頭部の手術を受け、21年には「還暦祝いに、赤いジャンパーを差し入れました。自分で服を選ぶ時は黒や紺といったダークな色ばかりなので、内心穏やかではないかも知れませんがなかなか似合っていました!」などと報告。22年には内疾患が判明し2度手術を受けたことも報告されていた。

 今回の公式サイトでの報告は以下の通り。

お知らせ
江川ほーじんを応援してくださる皆さまへ

変わらぬご支援を賜り誠にありがとうございます。
皆さまから頂戴するメッセージが、本当に大きな励みとなっております。

現在の状況となって5年半。体力の低下は否めず、覚醒している時間も少し減って来ているように思います。
それでも、生きてくれています。
負けず嫌いの彼のこと、必死に闘っているのだと信じています。

なお本日までに9,681,290円もの募金をお預かりし、約686万円を本人のために使わせていただきました。
あらためて、心よりお礼を申し上げます。

2024年6月15日
江川ほーじん募金 連絡委員

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース