「虎に翼」第2章開幕!次週予告にネット心配 小橋再登場も…よね&轟ら不在「早く出して」沢村一樹初登場

[ 2024年5月31日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第45話。佐田寅子(伊藤沙莉)が司法省を訪れると、そこには桂場等一郎(松山ケンイチ)がいて…(C)NHK
Photo By スポニチ

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は5月31日、第45話が放送され、第1章が完結した。6月3日から第10週「女の知恵は鼻の先?」に入る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第45話は、佐田寅子(伊藤沙莉)の目に飛び込んできたのは新しい「日本国憲法」の記事だった。「すべての国民は法の下に平等である」。寅子は次第に力が湧いてくるのを感じる。立ち上がった寅子は早速、家族会議を開き、猪爪直明(三山凌輝)が大学へ行くこと、自分の仕事探しを提案し…という展開。

 第2章開幕となる次週予告。久藤頼安(沢村一樹)が初登場し、寅子のことを「サディー」と呼ぶ。明律大学の同級生で、法廷劇を邪魔した小橋浩之(名村辰)が再登場。寅子とケンカ別れした山田よね(土居志央梨)、佐賀地裁に赴任した花岡悟(岩田剛典)、出征した轟太一(戸塚純貴)らの姿はなかった。

 SNS上には「よねさんは?轟は?他の女子部の皆さんは?」「早くよねさんと轟を出してー!」「よねさんと轟の消息が気になって眠れません」「今日の回を見て激しく思った。よねさんと轟が弁護士として、寅子が裁判官として同じ法廷にいる姿を見たいと(轟は検事になっていたりして)」「次週予告にヤツ(小橋)が!また軽口を叩いて、股間を蹴り上げるために山田よねさん再登場か?考えただけでワクワクすんぞ!」などと心配の声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月31日のニュース