藤井隆 フット後藤の感心するところは「歯医者飛び込みで行くんですって!」 レコーディング秘話も明かす

[ 2024年5月30日 17:01 ]

藤井隆
Photo By スポニチ

 タレントの藤井隆(52)が30日放送のニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜1・00)にゲスト出演。ともにゲスト出演したお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(49)と、互いの感心するところについてトークする場面があった。

 今月17日発売の後藤のカバーアルバム第2弾「ホイップ」は、前作に引き続き藤井がプロデュースを担当。リスナーから藤井の感心するところを聞かれた後藤は「それはいっぱいあるよ!ぶっ飛んでるしね、この人は。このアルバムもそうやし、前のアルバムもそうやし。じゃあこの曲を録るってときに、“もうちょっと強く”とか“ここは抑えて歌おうか”とかあるじゃないですか。でも藤井さんは録る前に曲のストーリーを説明して、“分かった?いこか”っていう」とレコーディングのエピソードを明かした。

 音楽プロデューサーはそういった手法でレコーディングをするのか尋ねられた藤井は「全然。自分がそう育てていただいただけで。私が下手ですから、一生懸命歌うんですけど、一生懸命に歌うのは当たり前にやることなので、歌詞を読んで“あなたが情景を思い浮かべてくれてないと、全くもって聞こえてこないから”って」と自身の経験を語った。

 続けて「『熱い紅茶に赤いジャム』っていう(「モスクワの夜」の)歌詞があってね、“紅茶イメージしてる!?”って言われて“全くできてませんでした”から始まってるので。僕はそうやって教わったから」と振り返った。

 そして「後藤の感心するところ」を尋ねられた藤井は「歯医者さん飛び込みで行くんですって!」と話し、ラジオブースは大爆笑。最後に「うそ!でも悪口は言わないです。人の悪口は本当に言わない。それは本当に尊敬してます」と本音を打ち明けた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月30日のニュース