あの「テレビ出たくなくて」から心境変化 テレビに出るようになった意外な理由「ひっくり返したくなった」

[ 2024年5月30日 15:58 ]

あの
Photo By スポニチ

 「あのちゃん」ことタレント・あの(年齢非公表)が29日放送のテレビ朝日系「あのちゃんねる」(火曜深夜0・35)に出演。テレビに出るようになった意外な理由を明かした。

 番組では、お酒を飲みながらトークをする「スナックあの」を開店。ママ・あのがお笑いコンビ「ニューヨーク」嶋佐和也(38)と屋敷裕政(38)らとお酒を飲みながらトークを繰り広げた。

 あのとの出会いはお互いブレーク前の8~9年前だというニューヨーク。カメラ前でしっかり話すあのに、屋敷は「めっちゃプロになったやん。うれしいし、悲しいよ。むちゃくちゃプロやん」と驚き。あのは「もっとしゃべれなかったの、2人は知ってるでしょ?」と返すと、屋敷は「ずっと驚きながら感動もしてるよ」ともらした。

 あのは「山里のテレビの時も…」とかつてテレビ東京で放送していた「南海キャンディーズ」山里亮太がMCを務める「新shock感」について言及。「あの時はテレビ出たくなくて。“何でここにいるんだろう、早く帰りたい”しか思ってなくて」と回顧した。

 屋敷が「どういうタイミングでテレビOKになった?」と質問すると、あのは「別に暇だし、いいやぐらいで出てたら、アンチが…というか、ボクが真新しくて、“何でこんなしゃべれねぇんだよ”って言われて、ムカついて、ひっくり返したくなったというか」とテレビに出るようになった意外な理由を告白。「なめんなよ!って思ったし、ファンの子がボクがボクのまま、テレビ出たりとかで、いろいろな人に知ってもらったら誇りを持てるかな、とか思ったりした」と話した。

 「とにかく最後、全部やめられるためにがんばるって感じ」とテレビから引くタイミングも考えているようで「やめたい。いつかパッとやめたい。自分が今と思ったらいつでも」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月30日のニュース