Kep1er、異例の再契約を発表…坂本舞白&カン・イェソを除く7人で活動継続へ

[ 2024年5月30日 11:00 ]

写真=WAKEONE、SWINGエンターテインメント
Kep1erが、Mnetのプロジェクトグループで初めて再契約を締結した。

本日(30日)、WAKEONE・SWINGエンターテインメントは、「Kep1erとして活動中のチェ・ユジン、シャオティン、キム・チェヒョン、キム・ダヨン、江崎ひかる、ヒュニンバヒエ、ソ・ヨンウンとグループ活動延長のための再契約に合意した」と発表した。

これによりKep1erは、プロジェクトグループの活動終了後も、7人体制で活動を続けていく。坂本舞白とカン・イェソは、6月3日に発売する1stフルアルバム「Kep1going On」と7月の日本コンサートがKep1erとして披露する最後の活動になる予定だ。

WAKEONE・SWINGエンターテインメントは2人について、「坂本舞白、カン・イェソとはもちろん、メンバーの所属事務所とも今後の活動について長い間深い議論をしてきたが、最終的にKep1erとしての活動を終える。2年6ヶ月間、Kep1erとしてすべての活動に最善を尽くしてくれた坂本舞白、カン・イェソに心から感謝し、これからも変わらず応援する」とつけ加えた。

Kep1erは6月3日、初のフルアルバム「Kep1going On」を発売し、韓国での活動に拍車をかける。続いて7月には2万人規模のKアリーナ横浜でコンサートを開催し、日本ファンに会う。

WAKEONE・SWINGエンターテインメントは「Kep1er9人の完全体で披露する、最初で最後になるフルアルバムにもたくさん期待してほしい」とし「当社は今後Kep1erの活動はもちろん、各メンバーの音楽的な成長のため、さらに積極的に支援する」と伝えた。

Kep1erは2021年に韓国で放送されたMnet「Girls Planet 999:少女祭典」を通じて結成されたグループだ。デビュー曲「WA DA DA」はデビューから12日にして地上波初の音楽番組で1位を獲得した。

また3月に終了した日本初のファンコンサートツアー「FLY-HIGH」で約3万人の観客を魅了し、5月8日に発売した日本1stアルバム「<Kep1going>」で、日本でも好成績を収め、K-POPを代表するグローバルアーティストとして底力を見せた。



「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月30日のニュース