柏木由紀、AKB卒業後も「気になって後輩に聞いちゃう」職業病 電撃復帰はある?ない?

[ 2024年5月29日 19:00 ]

ソロデビュー10周年記念メモリアルツアーのライブブルーレイとDVD発売記念イベントに出席した柏木由紀
Photo By スポニチ

 4月30日の卒業公演をもってAKB48を卒業したタレントの柏木由紀(32)が29日、都内で「ソロデビュー10周年記念メモリアルツアーLIVEBD&DVD発売記念イベント」を行った。イベント前には報道陣の囲み取材に対応。AKB48卒業後としては初の会見で、アイドルとしての職業病について語った。

 グループ卒業から1カ月が経過。現在の生活の変化について「覚えることがなくなったのが気が楽というか。今まではコンサートのためにダンスを覚えたり、立ち位置覚えたりっていうのが全く無くなった。あとは、スケジュールがちゃんと見えるようになったというか、グループの時は明日レッスンあるっぽいけど何時か分からないというのが多くて。今は1人なのでスケジュールが分かるから、美容室に行ったり、買い物に行ったり、自分の時間を有効に使えるようになったので、卒業してみたら結構すっきりしています」と語った。

 仕事内容も大きく変わったと言い、「バラエティーの収録が多かったり、地方に何日かロケに行ったり、今までグループにいた時はできなかったお仕事をやらせてもらってやりがいを感じています」と充実感を漂わせた。

 ただ、卒業後もグループのことは気になるそうで、「気になっちゃいますね、AKBのことが。次の新曲どんな感じなんだろうとか。後輩にどんな感じ?て聞いちゃったり。AKBの動きは凄い気になってチェックしたり後輩に聞いたりしています」と明かした。

 現在、AKB48は第20期生オーディションを実施中。電撃復帰の可能性について問われると「ないです!絶対!120パーセントないです」と否定したものの、古巣の今後について「17、18、19期が将来有望な子たちがたくさん入ってきたので、20期も外からですけど、どんな子が入ってくるのか楽しみです」と期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース