宇垣美里 舞台初挑戦で試行錯誤 アナウンサーの癖で…「声の出し方から分からなくて」

[ 2024年5月29日 15:30 ]

フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宇垣美里(32)が28日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に出演。自身が出演するコント公演「混頓vol.3」(6月7日開幕)での稽古について語った。

 この日は、舞台で共演する「ココリコ」田中直樹も出演。その田中から「初舞台なんでしょ?」と聞かれる一幕があった。

 「そうなんです!だからもう、声の出し方から分からなくて…まだ声が小さいなって試行錯誤しながらなんですけど」と舞台初挑戦の苦悩を明かした。この悩みに田中は驚いた様子で「本当!?全然そんな感じしないんですけど。やっぱり活舌いいし」とフォローした。

 「マイクありきのお仕事をすることが多いので、マイクに十分に乗る声ぐらいでしゃべってしまう癖があるというか…。本番の舞台もすごく広いですし。田中さんと新木さんのお声が凄く“パーン”って響くじゃないですか。“ああ!何もしゃべってないのと一緒みたいになっちゃった”みたいになって」と共演の俳優・新木宏典の名前も出し稽古で反省することが多いと語った。

 これをうけ田中は「いやいや、びっくりしました。初めてっていうことと、声は全然出てると僕は思いますし」と再びフォロー。加えて「ちょっと不安やったら、マイク持ったったらいい」とジョークを交え、場を和ませた。

 コント公演「混頓(こんとん)」シリーズの第3弾となるAOI Pro.コント公演「混頓 vol.3」は、6月7日を初日に東京・TOKYO FMホールで3日間公演される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース