「虎に翼」寅子“直言ほっぺムギュッ”伊藤沙莉のアイデア「いつもの猪爪家」演出語る泣き笑い最期の裏側

[ 2024年5月29日 13:00 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第43話。猪爪直言(岡部たかし)の“ぶっちゃけ懺悔”連発に、佐田寅子(伊藤沙莉)は…(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は29日、第43回が放送され、“遅咲きの俳優”岡部たかし(51)が好演してきた主人公の父・猪爪直言の最期が描かれた。岡部は視聴者の泣き笑いを誘う圧巻の名演を披露。オンエア終了後(午前9時)には「X(旧ツイッター)」の国内トレンドに「直言さん」(4位)「泣き笑い」(13位)「岡部たかし」(20位)「一生分の懺悔」(22位)「直言パパ」(26位)など関連ワードが続々とランクイン。インターネット上で話題を集めた。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第43回は1946年(昭和21年)秋、猪爪直言(岡部たかし)は半年近く佐田優三(仲野太賀)の死亡告知書を隠していた。栄養失調と肺炎が悪化し、もう長くはないと診断。みるみる衰弱し、最期を悟ると、家族を枕元に集めるが…という展開。

 猪爪直道(上川周作)を亡くしても猪爪花江(森田望智)が猪爪家の人間でいられるか、直言は寅子に確認。花江は「お義父さん、今する話、それじゃないです」「やっぱりお義父さんがやったことは、とんでもなくひどいと思う」「(寅子は)怒ってもいい。罵倒してもいい」と口火を切った。

 直言は「ごめん」「知らせが来て、つい隠してしまった。今トラが倒れたら、うちは、我が家がダメになると思って、そう思って言えなかった」と謝罪。「俺はこの通り、弱い、ダメな愚かな男なんだ」と自分を責めた。

 しかし「トラが結婚した時、正直、優三くんかぁとは思った」「もちろん、トラが幸せなら、それでいい。でも、花岡(悟)くん(岩田剛典)がいいなぁって、思ってた。だよな、はるさん」――。優三には感謝しつつも、花岡の下宿先に土産を持っていったこともあると打ち明けた。猪爪はる(石田ゆり子)と寅子は困惑、花江と猪爪直明(三山凌輝)は開いた口がふさがらない。

 共亜事件の時には寅子がしつこく腹が立った、はるが怖く残業とウソをついて飲みに行った、優秀な直明は本当に自分の子なのか疑った、花江がどんどん強くなり嫌になった、猪爪家は女性が強く直道とひそかに寿司を食べに行った、寅子が最初の見合いに失敗した時には嫁がずに済んで喜んだ、孫の優未を高い高いした時には鴨居に頭をぶつけてしまった、直道が亡くなった後には闇市でひそかに酒を買った…。

 止まらない“ぶっちゃけ懺悔”に、寅子、花江、直明、はるはドン引き。寅子は「いったん、やめてくれる?まだ続く?」「一生分の懺悔する気?」と制止した。

 直言「だって、おまえらにこんな苦労ばっかり掛けて、役立たずで、駄目で、ロクでもなくて、申し訳なくて死に切れない。こんなお父さんでごめん。ごめんな」

 寅子「何度もごめんって言われても。でも、お父さんだけだったよ。家族で、女子部に行ってもいいって言ってくれたのは。女学校の先生の前でも、お見相手の前でも、誰の前でも、うちのトラは凄いって。どんな私になっても、私をかわいい、かわいいって、いっぱい言ってくれたのは、お父さんだけ。それは、この先も変わらないから」

 直言「当たり前だろ。トラは俺の誇り、宝物なんだから。トラ、ごめん」

 最後も頭を下げた直言は、そのままうずくまる。はるは「まだよ。寝てるだけ」。寅子は「すっきりした顔しちゃって」。横になった直言の頬を両手でムギュッと寄せた。直言の寝顔に、思わず寅子たちの笑みがこぼれる。

 「数日後、直言は静かに息を引き取りました」(語り・尾野真千子)

 演出を担当した安藤大佑監督は、寅子による“直言のほっぺムギュッ”について「テストでお芝居を確認する中での、伊藤さんからのアイデアです」。その前、直言の寝息を確認したはるの「まだよ」が「とても絶妙な間合いで、チャーミングでもあり、この夫婦だからこそのリアルもある。思わずツッコむ直明と花江のリアクションも、見る側の緊張もほぐしてくれて、長いシーンを経て、いつもの“猪爪家”の雰囲気を作り出してくれました」と述懐。「その雰囲気の中だからこそ、寅子としてもごく自然に生まれたアクションだったと思います。直言への感謝の気持ちにあふれたラストになりました」と明かした。

 ◇安藤 大佑(あんどう・だいすけ)2008年、NHK入局。最初の赴任地は佐賀局。12年からドラマ部。大河ドラマ4作目となった22年「鎌倉殿の13人」は“神回”の1つ、第45回「八幡宮の階段」(11月27日)など全6話を担当。朝ドラに携わるのは16年「とと姉ちゃん」(助監督、第21週演出)以来2作目で、今回はセカンド演出を務める。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース