BIGBANGのG-DRAGON、久しぶりの公の場…韓国の国立大KAISTのトークショーに参加へ

[ 2024年5月28日 13:30 ]

写真=マイデイリー DB
BIGBANGのG-DRAGONが、久しぶりに公の場に登場する。

本日(28日)、G-DRAGONの所属事務所であり、AIメタバース企業のGalaxy Corporationは、27日にKAISTとMOUを締結したと明かした。

さらにGalaxy Corporationによると、G-DRAGONは6月5日に大田(テジョン)市儒城(ユソン)区にあるKAIST(カイスト、韓国科学技術院)本院のリュ・グンチョルスポーツコンプレックスにて行われる「INNOVATE KOREA 2024」で、KAISTのイ・グァンヒョン総長、所属事務所のチェ・ヨンホ代表と共にトークショーに参加する。

この他にも、KAISTとGalaxy Corporationは、今後「Galaxy Corporation-KAIST 未来技術研究センター」を開設し、AIなど未来技術に関する研究開発、事業化において協力していく計画だ。

イ・グァンヒョン総長は「Galaxy Corporationとの今回のコラボは、K-コンテンツと文化を通じてKAISTの科学技術をグローバルな舞台で適用することができる良いチャンスだと考えている」とし、「新しいものを探求し、研究するKAIST DNAを土台に、チェ代表、G-DRAGONさんと共に“エンターテク(エンターテインメント+テク)”市場の革新と、K-カルチャーのグローバルな拡張、および成長に貢献できると期待している」とつけ加えた。

G-DRAGONは昨年12月、Galaxy Corporationとの専属契約を締結したことを発表。今年1月には米ラスベガスの展示会に登場した。



「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月28日のニュース