aespa、HYBEとADORをめぐる騒動に言及…NewJeansとの関係も「心配しているような部分は全くない」

[ 2024年5月27日 18:30 ]

写真=Newsen DB
aespaがHYBEとADORの対立の中で思わぬ騒動に巻き込まれたことに言及し、話題を呼んでいる。

本日(27日)午後、1stフルアルバム「Armageddon」のカムバックショーケースが、ソウル龍山(ヨンサン)区ブルースクエア・マスターカードホールにて開催された。

「Armageddon」は、彼女たちがデビュー4年で発売する最初のフルアルバムであり、これまで以上に精魂を込めて準備したアルバムだ。

しかし、HYBEとADORのミン・ヒジン代表が対立している中、ミン・ヒジン代表が記者会見でバン・シヒョク議長が自分に送ったメッセージの内容を暴露。この過程でバン・シヒョク議長が「aespa、踏み倒せますよね?」と言ったことが明かされ、aespaはカムバックを控えて思わぬ騒動に巻き込まれた。

そんな中、ダブルタイトル曲「Supernova」が先行公開された。同曲は各音楽配信チャートを席巻したのはもちろん、音楽番組3冠、Spotifyで累積再生回数3,100万回を突破するなどの記録を打ち立て、ヒットに成功。特に歌詞を利用した各種のミーム(meme)が流行し、この中にはバン・シヒョク議長のメッセージ内容を利用したミームも登場した。

そして本日のカムバックショーケースは、先行公開曲「Supernova」の大ヒット後に開かれた場であるだけに、ニューアルバムとaespaだけの音楽カラーに対する様々な質疑応答があった。

その中で、最近の問題に対する質問も登場。aespaとしては負担になりかねない質問だったが、メンバーはこれを避けることなく率直な考えを明かした。

騒動を知っていると明かした後、KARINAは「初めてのフルアルバムなので、練習に専念していた」と淡々と話した。また「応援に後押しされて、フルアルバムを一生懸命に準備した。多くの方々が愛してくださり、満足できる1stフルアルバムのスタートになったと思うので、本当に感謝している。苦労したメンバー、SMの関係者の方々にも感謝の気持ちが大きい」と明らかにした。WINTERも「深く考えるより、1stフルアルバムがヒットしそうだという意味で受け止めた」と付け加えた。

また、KARINAは最近NewJeansと音楽番組で会ったとし、「楽屋でハートを交わしたり、お互いによく見ているという言葉を掛け合った。皆さんが心配しているような部分は全くない。良い仲間として仲良くしている」と強調した。

特に、NINGNINGは「私たちは私たちなりに成長しているし、全てのアーティストにそれぞれの色と魅力があるので、比較することも、代替することもできないと思う」と自身の考えを語った。



「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月27日のニュース