「ソンジェ背負って走れ」キム・へユン&ビョン・ウソクの再開【ネタバレあり】

[ 2024年5月21日 14:00 ]

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「ソンジェ背負って走れ」放送画面キャプチャー
キム・ヘユンとビョン・ウソクは再会した。

韓国で20日に放送されたtvN「ソンジェ背負って走れ」では、イム・ソル(キム・へユン)とソンジェ(ビョン・ウソク)が再会するシーンが描かれた。

この日、イム・ソルはソンジェのために記憶を失ったふりをしたが、それが嘘だということに気づいたソンジェは再びイム・ソルを守ろうとした。結局、ソンジェはヨンスに刺されて絶壁から海に墜落し、イム・ソルは再び彼を失うことになった。

ソンジェのいない未来で生きることになったイム・ソルは、映画会社の職員として働きながら彼を恋しがっていた。警察になったテソン(ソン・ゴニ)とお酒を飲みながらも、イム・ソルは食堂の壁に貼られたお酒の広告を見ながら「ソンジェがモデルだった広告なのに」とソンジェのことを思い出した。

泥酔した状態でテソンに背負われ、「世の中は、どうして私を苦しめるの。私が何を誤ったのよ」と嘆いたりもした。

ふと思い浮かんだソンジェのことで悲しくなったイム・ソルは、「ソンジェ、ソンジェ会いたいよ」と泣き出し、テソンは「もう泣くなよ」と彼女を慰めた。

しかしソンジェは生きていた。タキシードを着こなしたソンジェとの再会にイム・ソルは大きく驚いた。

ソンジェが事故に遭ったその瞬間、彼の手首にはめられていた時計がリセットされたことを確認したイム・ソルは、「私たちは最初から出会ってはいけなかったのかもしれない。出会うべきではなかった」と彼の時計を再び作動させた。

ソンジェが自分のことを知らない過去を生きたイム・ソルは、密かに彼を見つめながら涙を流した。ソンジェの胸で何も言えずに彼を見つめるイム・ソルの姿がラストを飾り、おぼろげな展開を予告した。

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月21日のニュース