マツコ、憎き嫌われ者に「感情がわいた」「表情が和らいだ」と告白もスタジオ騒然 大島アナ「そこまで…」

[ 2024年5月20日 18:18 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(51)が20日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にコメンテーターとして生出演。大抵の人が忌み嫌う「ゴキブリ」を殺せなくなったエピソードを明かした。

 番組では「ゴキブリなどの害虫を怖がる若者が増えており、格安駆除サービスを依頼したところ、実際は高額の請求をされたという相談が多数寄せられている」という話題を取り上げた。これにマツコは「感情がわいて殺せなくなった」とゴキブリを始末できなくなったきっかけを語り始めた。

 以前はゴキブリを発見する度に始末していたというが、「出た時に逃げるから3日くらい殺さないでいたら、感情がわいてきて殺せなくなっちゃったのよ」と告白。「こっちが攻撃しなくなったら、ちょっとゴキブリの表情が和らいだ。目が合った気がしたの。壁にいるゴキちゃんと」と話すと、スタジオは騒然とした。

 それでもマツコは「ちょっとウルッとしていたように見えたの、ゴキちゃんの目が。さようならって去って行った気が本当にしたの」と力説。MCの大島由香里アナウンサーは「そこまで考えて…」とやや引き気味だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月20日のニュース