岩城滉一 営む副業について言及「こんな商売やっててもあてにならない」「固定資産税が…」

[ 2024年5月19日 07:45 ]

岩城滉一

 俳優の岩城滉一(73)が18日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演。営む副業について明かす場面があった。

 これまでさまざまな作品に出演し、俳優として活躍する一方、、射撃やバイクレースなど、多彩な趣味でアクティブに活動する“ミスターダンディ”。

 MCの加藤浩次が岩城との関係について「射撃、僕もやってるんですけど、大先輩ですから。(射撃界の)重鎮ですから」と紹介すると、岩城は「当時は大変な方が、歴代の萬屋(錦之介)さんとかがやられていて、萬屋さんが亡くなられちゃったので、僕が会長になって、ヒロミが副会長です」とクレー射撃場「神奈川大井射撃場」の会長となった経緯を説明した。

 加藤が「だから、僕もたまにやらせてもらっている。岩城さんがやられている射撃場もあるのよ」と補足したが、岩城は「こんな商売やっててもあてにならない。いつまでもこれで食っていけるとも思わないので」とぶっちゃけた。

 加藤が「めっちゃ綺麗にしたのよ。めっちゃオシャレになったの」と説明したが、岩城は「固定資産税が凄い上がっちゃって大変」とボヤキが止まらない。それでも「たまに行ってますね。僕ら基礎がないんですよ、昔の人間って。“出たら撃っちまえ!”っていう親父の中で育ってるから」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月19日のニュース