日テレ、Bリーグ決勝中継打ち切りで炎上 再延長にもつれる激闘なのに…「あかんやろ」「嘘でしょ」の声

[ 2023年5月27日 17:26 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 バスケットボールBリーグの年間王者を決める2戦先勝方式のプレーオフ、チャンピオンシップ決勝第1戦が27日、横浜アリーナで行われ、再延長戦にもつれる激戦の末に琉球(西地区1位)が96―93で千葉J(東地区1位)に勝利。初優勝へあと1勝に迫った。この試合はNHK・BS1やネット配信に加えて地上波では日本テレビが中継したが、試合途中に放送が終了しSNSでは“苦情”が続出した。

 試合は琉球が第4Q残り10・2秒からのプレーで3点シュートを決められて77―77の同点に追いつかれた。5分間の延長でも82―82と決着がつかず、さらに5分間の再延長へ突入。開始早々に今村が3点シュートを決めて勝ち越し、その後も今村らが加点して逃げ切った。

 日本テレビでは試合開始5分前の午前11時55分から中継をスタート。番組表では中継は午後2時まで、最大延長は同25分までと告知されていた。第4Q終了時点で午後2時を過ぎていたが、最初の延長が残り23秒となった時点で実況のアナウンサーが「試合の途中ですがバスケットボール中継を終了します。この試合は引き続き日テレ・バスケットボール中継HホームページとHuluでライブ配信します」と地上波の中継終了を予告。テロップでも「日テレ・バスケットボール中継HPでライブ配信 『日テレ バスケ』で検索 Huluでもライブ配信中!」と表示され、無情にも中継は終了した。

 試合の続きは「日テレバスケ部」のサイトやNHK・BS1などで見ることができたが、SNSでは「残り23秒でライブ中継終わりって…」「バスケめちゃくちゃ良いとこで中継終わった これはあかんやろ」「日テレバスケ中継打ち切りやがった」「オーバータイム残り23秒同点という一番おもしろい瞬間に放送終了はないでしょ」「めちゃくちゃいい場面なのに中継終わりにしますって嘘でしょ」と不満の声が続出。「残り23秒」がツイッターのトレンドに入った。

 「日テレバスケ部」の公式ツイッターにも「最後まで中継してよ」「残り23秒で中継切れた」「なぜサブチャンネルでできない?」「この終わり方はひどい」などのリプライが寄せられた。

続きを表示

2023年5月27日のニュース