山添「ラヴィット」韓国ロケに批判殺到 自分で使ったつまようじを…「気持ち悪い」「天狗になってる」の声

[ 2023年5月2日 15:26 ]

「相席スタート」の山添寛
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「相席スタート」の山添寛(37)がTBS朝の情報番組「ラヴィット!」(月~金曜前8・00)に出演。韓国ロケでの“行きすぎた行為”に批判が殺到している。

 山添、「インディアンス」、「3時のヒロイン」福田麻貴、若槻千夏らが、韓国のマンウォン市場で食べ歩きする企画。そこで、鶏のからあげに甘辛のソースがかかった人気料理「タッカンジョン」を食べることに。その店舗はテレビでも多く取り上げられた有名店だといい、店員も笑顔で接客してくれた。「おいしい!」と舌鼓を打つ面々だったが、山添は「違う味入れてもらってへん?」と福田のカップを見る。すると店員が「ベリーキュート!」といい、サービスしてくれたものだった。

 メンバーがうらやましがるなか、山添は突然使用済みのつまようじを使って、店先に置かれていたタッカンジョンをパクリ。福田が「それはマナー悪い!」、若槻も「絶対ダメ」と注意し、店員も両手でバツサインを作り止めるよう訴えたが、山添は「ラヴィットヨ!ラヴィッソヨ!」と、韓国語で“おいしい”を意味する言葉と、番組名を交えた返答のみ。口をもぐもぐとさせた状態で、そのVTR内で謝罪はしなかった。

 番組では“悪童・山添”として、奔放な行為で共演者を困惑させてきた山添。ネット上では「気持ち悪い」「マナー最悪でしょ」「全く笑えない」「天狗になって何してもいいって勘違いしてるんだよ」「生放送ではないので、事前にチェックできるにも関わらず放映するスタッフと実際に不快な行為をした山添が大問題」と批判の声が多く寄せられていた。

続きを表示

2023年5月2日のニュース