×

ひろゆき氏、現在の生活費は「6万円」程度だと告白 過去には“貯金5億円”発言も

[ 2022年6月21日 17:11 ]

「ひろゆき」こと、西村博之氏
Photo By スポニチ

 実業家の西村博之(ひろゆき)氏(45)が21日にツイッターを更新し、現在の生活費について明かした。

 「円安」の影響について、ユーザーから聞かれたひろゆき氏は「海外に住んでると財産の殆どが外国通貨建てになります。普通預金ですら、円換算だと1か月で20%増えてたりします。1千万円の普通預金が1か月で200万円増えてる感じです。自分で働くより銀行の普通預金の方がお金を稼いでくれたりするわけです」と、返答する

 また、生活費については「自炊派なので、円換算の生活費が月額五万円が六万円に増えたぐらいです。円安により資産が増える金額の方が大きいので、海外資産のある人は円安では円換算で得をしてると思います」と、答えていた。

 ひろゆき氏は19年12月にYouTube「メイプルストーリー公式チャンネル」の生配信で、貯金額について言及したことがある。配信者・加藤純一から直撃されると「宝くじ当たった人とかよりは持ってるよ、10億とか2桁はない」と回答。「個人の口座に5億くらいは入ってるってこと?」というゆさぶりには「言って大丈夫かな」と苦笑していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月21日のニュース