×

NHK上方漫才で優勝の天才ピアニスト 「相方の仕事なんかな」と竹内が悩み告白

[ 2022年5月21日 16:16 ]

「第52回NHK上方漫才コンテスト」で優勝した天才ピアニストの竹内知咲(左)とますみ
Photo By スポニチ

 NHK上方漫才コンテストで女性コンビとして36年ぶりに優勝した「天才ピアニスト」が21日、MBSラジオ「ますます!ハイヒール」(土曜後1・00)に生出演。メーンパーソナリティーのハイヒールに悩みを相談した。

 天才ピアニストの竹内は、上沼恵美子のモノマネで知られる相方・ますみが「ちょっとお太りになられて…」と20キロ近く増量したと明かし「お腹にお肉が付いてきまして、ついに足に手が届かなくなったんですよね。で、足の爪が切れないってことになりまして、私が見た時にものっすごい伸びてたんですよ」とますみの足の爪の長さに驚いたという。

 そこで「私が爪切りを持参しまして、ますみちゃんを椅子に座らせて爪を切る仕事をした」とかいがいしく世話をしていたが「これ何の時間なんかなって。私がやるしかないんですけど、相方の仕事なんかな?痩せるっていう選択肢なさそうで、この先ずっと爪切っていくんかなって」と笑いながらハイヒールに打ち明けた。

 さらに竹内は「漫才中にますみが、しゃがむくだりがあったんですけど、しゃがんだ瞬間に膝から音がしまして激痛が走って、足引きずって袖にはける。そっから私が車いす持って来て押すていう」とまたしても世話係を務めたといい「介護系の仕事多いなって」と増量したますみの面倒を見ることが多くなったと明かした。

 それでもますみは「恋しないと無理だと思います」とダイエットには消極的と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年5月21日のニュース