×

レジェンドの記録塗り替え続ける天才卓球少女・8歳の松島美空 快挙の裏にある卓球漬けの日々に密着

[ 2022年3月5日 10:00 ]

5日に放送されるTBS「バース・デイ」では卓球界が注目する8歳の松島美空に密着する(C)TBS
Photo By 提供写真

 5日に放送されるTBS「バース・デイ」(土曜後5・00)は、福原愛、伊藤美誠、張本智和といったレジェンドたちの記録を塗り替え続け、卓球界から注目を集めている松島美空(8)に密着した。

 親子4世代に渡って卓球選手という超名門一家の4兄弟の3番目で現在小学2年生の松島。昨年の全日本選手権では、当時伊藤、平野でさえ1勝、張本もベスト32で敗退した大会で、ベスト16入りという史上初の快挙を成し遂げた。

 松島の次なる目標は小学5年生以下の日本代表選考会で勝ち残り、史上最年少での代表入り。目標達成へ京都の自宅では猛練習が始まった。物心がつく前から卓球が生活の一部となっている松島。午前7時過ぎに起床し、わずか5分後には2階の練習場へと向かう。そしてパジャマ姿のままサーブ練習を始める。15分間の朝練は小学1年生から毎日続けているルーティンだ。

 学校から帰宅後に向かった先は卓球場。練習前に宿題を済まし、1時間の仮眠。午後5時から練習が開始し、休まず午後9時までラケットを振り続ける。そこからスタミナ強化のためのランニングを5キロ、最後にサーブ練習をして終了。家に帰るのは午後10時30分。帰宅後すぐに卓球ノートを書き、午後11時過ぎに父親とお風呂に入って、就寝となる。

 大人顔負けの練習量。その原動力となるのは「オリンピックも15歳で出るんやったら7年ぐらいしかない」という夢。その夢をかなえるための通過点となる日本代表選考会。全国各地から未来のスター候補63人が集結し、その中で日本代表になれるのは10人。これまで長い歴史の中でも水谷が小学5年生、福原、伊藤、張本も小学3年生で日本代表になっており、小学2年生で代表入りなら史上最年少の快挙となる。果たして松島の戦いの結末は。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年3月5日のニュース