×

芸能界襲う猛烈な感染力 ドラマ主演、夫婦、グループやコンビ 24日新たに佐々木希、なにわ男子3人…

[ 2022年1月24日 22:04 ]

24日に新型コロナウイルスの感染が発表された(左上から)平山あや、速水もこみち、須田亜香里、(同中から)ディーン・フジオカ、佐々木希、芳根京子、(同下から)赤楚衛二、高橋愛、あべこうじ
Photo By スポニチ

 芸能界での新型コロナウイルス感染の発表、報告が止まらない。新変異株「オミクロン株」が猛威を振るい、週が明けた24日も朝から「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品とせいや、お笑い芸人・あべこうじと元モーニング娘。の高橋愛夫妻、「バイきんぐ」小峠英二、タレントの小島瑠璃子と感染発表が相次いだ。

 夕方から夜にかけても俳優のディーン・フジオカ、女優の佐々木希、芳根京子、速水もこみちと平山あや夫妻、ジャニーズの人気アイドルグループ「なにわ男子」藤原丈一郎、高橋恭平、大西流星の3人と感染報告は続いた。

 佐々木希が主演を務めるテレビ東京の連続ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」では番組関係者計11人の陽性が確認されたと発表。20日にテレビ朝日系「もしも、イケメンだけの高校があったら」で主演を務める細田佳央太の感染が発表されたが、この日には同ドラマに出演する速水もこみちも陽性が確認されるなどバラエティーの現場だけにとどまらず、ドラマ撮影現場も感染防止策をしっかり取りながらも食い止めることはできない状況になってきている。

 芸能界での感染が多く見えるのは一般人と違って、PCR検査などを行う回数が格段に多いため。それでも視聴者からは「バラエティーの現場やドラマ内でもマスクをすべきではないか」「本番中もマスクをしないと感染は止まらないのでは」「ドラマの中の世界でも、いまやマスクをしていても違和感はないと思う」などの声も上がっている。

 13日に夫婦でのコロナ感染を発表し、療養を続けていたタレントの南明奈(32)がこの日、自身のツイッターを更新。夫のよゐこ・濱口優(49)とともに療養期間を終了したことを報告した。しかし元読売ジャイアンツコーチの片岡保幸氏とタレントのベッキー夫妻、あべこうじと高橋愛夫妻、速水もこみちと平山あや夫妻ら夫婦での感染報告も後を絶たない。ヤクルトの高橋奎二投手も感染し、妻でタレントの板野友美の状態を心配する声もネット上で見られた。

 24日は「JOHNNYS’Island THE NEW WORLD」(東京・帝国劇場)について、26日の千秋楽までの残りすべての公演も中止すると発表。「なにわ男子」のメンバーが出演する大阪の放送局の番組でも変更があった。

 軽症であったり、無症状の場合も多いが猛烈な感染力で第6波急拡大を進める「オミクロン株」。代役で乗り切るテレビやラジオ番組、公演延期や中止が相次ぐ舞台やコンサートなどのイベント。撮影中のドラマ主演俳優の感染も複数人報告される中、芸能界での感染拡大による影響拡大が懸念される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月24日のニュース