×

カンニング竹山 「競泳北島杯」自由形Vの池江に感嘆「治ってこうやってここまで」

[ 2022年1月24日 14:38 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・カンニング竹山(50)が24日、月曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に生出演。23日に東京辰巳国際水泳場で開催された「競泳北島康介杯最終日」に女子50メートル自由形で優勝した池江璃花子(21=ルネサンス)についてコメントした。

 池江選手は予選はバタフライで泳ぎ、25秒91で2位通過。決勝ではクロールで泳ぎ、25秒20。前日の100メートル自由形との2冠を達成した。「あら~池江さんはすごいね」と感嘆の声をあげた竹山。「50メートルだからバタフライのほうが速いって分かったのかな。どうなんだろうね。100メートルだとまた違ったのかな」としつつ、「でも池江さん、やっぱり良かったね。御病気になって治ってこうやってここまでさ、アスリートのトップになるぐらいまで体力が、病気になってもまたつきますよ、頑張れば、ということですよね?すごいっ!」。

 「世界大会とか、3年後はまたオリンピックがあるでしょう。また頑張って欲しいね~素晴らしいっ!おめでとうございます」と、声を弾ませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月24日のニュース