×

海老蔵 公演関係者の体調不良で歌舞伎「プペル」当日中止「お客様や出演者、関係者の安心安全を第一に」

[ 2022年1月19日 12:05 ]

市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)が19日、上演中の新作歌舞伎「プペル~天明の護美人間~」が公演関係者の体調不良のため、この日の公演を中止することが分かった。同日、海老蔵の公式ブログなどで発表された。

 海老蔵は「本日舞台関係者に体調不良の方が出たそうです」としたうえで「お客様や出演者並び関係者の安心安全を第一に考え 本日の公演は見合わせるという判断になるそうです」と発表。「楽しみにしていたお客様には大変申し訳御座いません」と謝罪した。

 「再度、安心安全を確認の上 またご報告させて頂きます」とした。

 その後の投稿で、海老蔵は「私達は抗原検査も陰性でした。家に戻りゆっくり過ごしてます」とつづり、長男・堀越勸玄くんの写真を添えた。

 松竹も公式サイトで「新橋演舞場『プペル~天明の護美人間~』の舞台関係者に体調不良が確認されました」と報告。「新橋演舞場新型コロナウイルス安全対策ガイドラインに則り、本人の健康観察を行うとともに念のため、PCR検査を実施いたします」とし、「専門家の先生の意見も加味しまして、お客様ならびに出演者、関係者の安心と安全を第一に考え、本日1月19日(水)昼の部(12:00開演)を中止することにいたしました」と発表。千秋楽となる明日20日の公演に関しては決定し次第報告するという。

 新作歌舞伎「プペル~天明の護美人間~」(20日まで)は新橋演舞場にて上演中。キングコング西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」が原作で、長女の市川ぼたんと、勸玄くんが交互出演することでも話題となっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月19日のニュース